生きて行く上で大切な呼吸器の真実を知る

病院などを受診される時に、施設によっては「呼吸器科」というものがあると思います。

では、この呼吸器とはどのような部位を言うのでしょうか。

部位ごとの簡単な説明を交えながらお話しして行きたいと思います。

先ずは「鼻腔」です。

鼻腔は顔面のほぼ中心にあります。

呼吸をするのに大切な部位の1つでもありますよね。
吸気をろ過する機能である「鼻毛」が生えています。

鼻中隔と呼ばれるところが左右2つに分かれられており、内部は粘膜で覆われています。

粘膜で覆われている事によって、呼気を温めて湿気を与え、ほこりを除去するなどの機能があるのです。

次に咽頭です。

鼻腔の奥で繋がっている咽頭。

これは、口腔から食物などを食道に運ぶ消火器の役割をも果たしているのです。

咽頭は、軟骨構造で靭帯や小さな筋肉などで繋がっているのです。

食物が呼吸器に入り込まないように頭蓋がしまるなどの機能がありますから、秩序的に呼吸器・消火器の働きが行われています。

また、声を出すのにも非常に重要な部分なのです。

器官・気管支も呼吸器の1つです。

肺に繋がる期間でもあります。

長さは約13センチ前後で直径が約2センチといわれています。

そして肺です。

酸素を取り入れるのに非常に重要な機関の1つです。

酸素を機能的に全身に運ぶための血管なども配置しています。

また、心臓から出ている動脈の1つが肺を通過しているのです。

人が生きていくうえで、大きな機能を担っているといっても過言ではないでしょう。

「肺胞」とよばれるもので接してガス交換を行うのですが、この肺胞はなんと約3億個ともいわれているんです。

先にも触れましたが、呼吸器科というものが病院にあるばあいは上記器官の調子が悪い時にはそちらを受診していただけると良いでしょう。

また、呼吸器科がない場合ですと、鼻腔・咽頭などは耳鼻咽喉科へ・肺などは内科へかかられることが一般的ではあると思いますが、それに限りません。

分からない場合は、症状を受付などで説明すれば適切な診療科目を教えてくれると思いますので聞いてみるのも良いでしょう。

普段、毎日の生活の中で呼吸というものを大きく意識をすることはあまりありませんよね。

しかしながら、生きていくうえで呼吸と言うものは絶対に必要なもの。

それだけに病気にかかってしまうと様々な後遺症や他の病気を併発してしまうこともあるのです。

定期健診などでもこうした呼吸器の病気を発見することは可能ですから、日頃からしっかりと受けるようにすると良いでしょう。

 

〔ワンポイント〕日頃の生活の中で一番大事なのは、いつでも健康でいられることだと思います。そのような健康的なカラダ作りをサポートするのが、薬の通販サイトであるオクスリクリニックのネット通販です。興味のある方は一度御覧下さい。

>ED薬はコチラへ

>ダイエットサプリはコチラへ

更新情報

2014/11/21
生きて行く上で大切な呼吸器の真実を知るの情報を更新しました。
2014/11/04
肺胞が徐々に壊れてしまうの情報を更新しました。
2014/11/04
のどに違和感が出たら気をつけるの情報を更新しました。
2014/11/04
鼻かぜは案外きつい症状ですの情報を更新しました。
2014/11/04
毎年訪れるインフルエンザの脅威とはの情報を更新しました。
△PAGE TOP